2022年9月号 追憶 出会いの人生に感謝  NO99

 夏本番! 皆さんのお家にもキウリやゴーヤがごろごろしていませんか?
雨上がり 沢山のお野菜をいただき よーし!キウリのキューちゃん漬けを作ろう!
頑張った甲斐あり とても美味しく出来上がりました。私のレシピをご紹介します。

キュウリのキューちゃん漬け

1 キュウリ 1キロ = 洗って沸騰した湯で5分ゆでる。ざるにあげてそのままさます。
  冷めたキュウリを2mmほどに切り 洗濯用の網を使って良く絞る。
2 醤油 100ml
  みりん 100ml
  酢 30ml
  まぜて沸騰させます
3 土しょうが 人参(好みに切る) 鷹の爪 塩昆布(好みの量)
  つけ汁にすべてを入れて漬け込む。1時間ほどで食べられます。

冷凍もOK 作りだめができますよ。 これを冬に食べても美味しい!


ゴーヤの佃煮(ゴーヤ 1本約200g)

1 ゴーヤ2キロ = 洗って縦半分に切り種を取り 5mmくらいに切る。
2 切ったゴーヤに
  醤油 300cc
  みりん 200cc
  砂糖 350g
  酢 200cc
  で鍋に入れ汁気が少なくなったら
3 カチリチリメン140g 削り節ソフト 80gを加える。汁気がほとんどなくなったら
4 白ごま 100gを混ぜあわせたら 出来上がり!

簡単で美味しいですよ。料理下手な私でも作れるのですから。今月は料理教室でした。

次号に続く


2022年8月号 追憶 出会いの人生に感謝  NO98

 とうとう 暑い暑い夏になってしまいました。水と体温調節で 頑張って乗り切りましょうね。
最近の私は なぜか自分の遺影写真のことが 気になってしかたありません。
そんな 歳になったのかと思います。思い返せば 夫の母も「寿美子さん、戸棚の隅に写真をおいとくで 覚えとってね」と内緒話のようにいいました。
私の母は 施設に入ってから母の部屋を掃除しているときに 小さなカード入れを見つけました。表紙に「私が死んだら 綺麗で笑っている写真にしてください」と書かれてあり 数枚の写真には「これがいいかな? これどうでしょう?」などとメモがついていました。いつの間に作ったのかしら?きっと認知症になる前だろうから70代なかばだと思います。母の遺影はそれらより きれいでかわいい写真を選びました。
70代前半の元気で頑張っていたころの母です。
夫は 亡くなる2年前 孫の結婚式の日に 笑いながら「遺影写真撮って撮っておこうね」と写真嫌いの夫を撮りました。癌が見つかったばかりの頃で まだ元気な夫の写真が撮れました。母も夫も病気でやつれた写真でなく 一番いい思い出がいっぱいの写真がいいと 私が強く思っていましたので。

私の朝のルーティンは 犬の散歩が終わったら 庭のお花を切ってお墓までのウオーキング お墓掃除を兼ねて 眠る皆に ご挨拶。
庭の花の水やりと掃除が終わったら 仏壇の前に。すごい早口のお経を唱え 仏壇の周りに飾ってある 両親と夫に声をかけます。
「とーさん お早う 今日は雨が降っているよ。大垣まで教室に行ってくるで 何もないように見とってね!」「お母さんお早う。楽しい日になるよう頼むよ!」「お父さん お早う。今日も元気やよ!」皆に お願いというより 言いつけています。
3人とも「寿美子はしょうがないなー」と 笑っているように いい顔しています。
こんなことをしているので 自分も 一番張り切っている頃の寿美子さんを残したいと思います。

次号に続く


2022年7月号 追憶 出会いの人生に感謝  NO97

 絵手紙と水彩画展 大盛況のうちに終わりました。毎日300人を超える来場者でまるでお祭り気分の1週間でした。
これは すべて生徒さんたちの努力のお陰と感謝につきます。本当に有難うございました。ユーチューブの生徒さんも遠くから見に来てくれました。
大阪からご夫婦で、神戸からご夫婦で、又お友達と車いすで神戸からいらっしゃったのには驚きでした。
体験コーナーでは 沢山の人が楽しそうにお地蔵さんを描かれ 描き上がった絵に満足そうな笑顔。あの光景を見ているだけで幸せ気分です。また アシスタントの方たちも とても上手に指導していましたね。
搬入 搬出をお手伝いしてくださった皆さんも、とても手際よく作業してくださって本当に助かりました。有難う。お疲れ様。
とても疲れたけど やっぱり 来年も頑張って開催しようと決めました。
それに向けて 元気でいなくっちゃあと 励みになります。

今年に入ってすぐ「東日本大震災復興記念・アートタイル壁画展〜KIZUNA〜」に参加依頼がきていました。どうしたものかとおもいましたが いつか自分の絵を見に行けるかもしれない。楽しみを作っておこうと ののさまの作品を出品しました。4月頃 1本松の近くの陸前田市コミュニティホールに展示され開催日へのお誘いが来ました。
行きたい、遠いなー、行きたい、遠いなーと迷っていたある日 福島の方で地震というニュースが流れ 自分から死にに行きたくないと やっと諦めることにしました。
開催日はとても盛大だったそうです。いつかタイルアート見に行きませんか?
楽しみが また一つ増えました。

次号に続く


2022年6月号 追憶 出会いの人生に感謝  NO96

 これを作っている今日は まだ4月17日。展覧会を目前に控えています。
作品も 次々と集まってきています。我が家の空き部屋に 作品を教室ごとに分け並べていきます。絵手紙、水彩画、大きい絵、体験教室に必要な道具たち、椅子にバケツに・・・ 10畳の部屋が埋まります。
大変そうに言っていますが なーに、これが又楽しい!
3月頃から「展覧会 展覧会」と気分を盛り上げ 皆と一緒に 作品作りに取り組みました。とにかくこの時期が 私をすこぶる元気にしてくれます。
これは生徒さんがとても協力的に参加してくださるからです。どこの教室に行っても教室中が盛り上がって皆が楽しそうです。
その中で 私が一番楽しそうですけどね。

絵手紙講師になって良かったー!!としみじみ思います。
70代になってもこんなに沢山の仲間がいる。毎日仲間と笑いが絶えない時期をすごさせてもらっている。私は幸せ者だなーと感謝です。
生徒さんとは 本当に長いお付き合いをさせてもらっています。先日 ラジオ出演してくださった 木田恭子さんも横山智子さんも 習い始めて10年以上になりますと言われていました。10年ひと昔という言葉がありますが時のたつのは早いものです。
講師になって24年。生徒さんの中には20年以上の方が沢山いらっしゃいます。飽きもせず よく通ってくださると 頭が下がります。心から 有難うございます。
毎月1回 20年も会い続けるなんて 親兄弟でもできません。
これが私の一番の自慢なのです。
長いお付き合いで その人の趣味 その家族 その人の病歴 まで知っていますよ。
教室を休まれると お主人の具合が良くないのかしら?彼女の腰痛が悪化したのかしら?と心配してしまいます。きっと生徒さんも私の腰を心配してくださっていることでしょう。これからも これからも お互い体をいたわりつつ 長ーいお付き合いを宜しくお願いします。
毎日があまり楽しいので なんでかなー?と考えてみたら 皆がいるからだーと気が付いたことを お話ししました。

次号につづく


2022年5月号 追憶 出会いの人生に感謝  NO95

 世の中 どうなってるんだーと叫びたくなる。
コロナにほんろうされ3年に入り オミクロンがまん延している中 私も濃厚接触者の経験をすることになって これは人ごとではないなーと真剣に感じました。目に見えないものと戦うということは なんと 難しいことでしょう。

こんな中 ロシアとウクライナの戦争、テレビをつけるといやでも飛び込んでくる。
難しいことや 昔からのいざこざは よくわかりませんが私には弱い者いじめにみえプーチンの顔がエイリアンに見えます。
そして70年も前の日本がこうだったのかと悲しくなります。計画する者は安全な所に居て、自国民までにも 真実を伝えず。国民は 意味も分からず兵隊として命を懸けさせられて なんと 理不尽なことでしょうか?
独裁者を作ってはいけない!こんなこと ヒットラーの時にいやという程 学んだはずなのに。
戦いからは何も生まれません。協力しあってこそ発展があります。
第3次世界大戦にしてはいけません!
一番願っているのは ロシア国民が事実をしっかり把握し 国民が立ち上がることだと 思います。国民全員でプーチンを失脚させ頼りになるロシアとして戻って来て欲しい。沢山のロシアの中にそんな勇気と力を持っている人 きっと居ると思います。
毎日 ニュースを観ながら こんなことばかり考えて居ます。
母や夫がこんな時代に生きていなくて 良かったなーと思えます。

こんな中ですが頑張って 絵手紙展を行います。その時までに オミクロンは消え戦争も終わっていることを願いながら 書いています。
とにかく展覧会は 楽しみましょうね。皆さんにもお手伝いをお願いしなければなりませんが 宜しくお願いします。
お当番は受付と体験教室のお手伝いです。
皆さんの力作 楽しみにしております。


2022年4月号 追憶 出会いの人生に感謝  NO94

 我が家には 2匹の小型犬がおります。シーズーとトイプードル どちらも15歳の老犬です。シーズーはポポちゃん トイプードルはルルちゃん 男の子です というか小さい頃にハーフになりました。恋心も知らないで年を重ね おじいちゃんになってしまいました。ポポちゃんは 亡き母の犬 ルルは私の犬。昼間は二匹とも母の部屋でコロコロ遊び 喫茶店まで毎日お付き合いをしていました。お店の前で婆ーちゃんのモーニングが終わるまでチョコンと座って待っています。何も貰える訳でもないのに毎日喜んで付いて行っていました。町内で子犬と歩くおばあちゃんと有名になっていました。
かわいらしく微笑ましいワンカットです。
日に2回のトイレ散歩は夫が連れて行っていました。いかつい大きな体の夫が ちょろちょろ歩く子犬2匹を連れての散歩は何とも面白いワンカット。
ご飯は私の仕事。夕飯からはリビングで過ごします。夜、ポポは婆ーちゃんとルルは私の部屋で休みます。こうして書いていると この15年のうちにいろんなことがあったなー、我が家の様変わりが早送りのように頭の中を走り回りました。
子供のような あどけない婆ーちゃんは居ない。いかつい夫ももう居ない。
犬たちも老犬となり走り回ることはなくなりました。二匹とも目は見えなくなりました。
でも器用にぶつからないで歩いています。たまに外でぶつかっているか、コンって。先があまりないのならと とにかく甘やかし 尽くしています。
毎日お風呂に入れます。気持ちよさそうに湯船につかっています。乾かすのが大変だから冬でもサマーカット。ご飯も美味しいもの、好きなものをと考え 食べにくそうだとスプーンでお口まで運んであげるのです。まるで介護ですね。母と夫とこの子たち
介護生活が 続きます。でも考えてみると この子たちのお陰で規則正しい生活ができているなーと思えます。人に尽くしたご褒美は「有難う」の言葉ですね。
犬は有難うは言いませんが しっぽを振って喜んだり 気持ちよさそうにしてくれるのが 私は嬉しくってたまらないのです。老人同士 仲良くしていきたいものです。


2022年3月号 追憶 出会いの人生に感謝  NO93

 年末は 毎日テレビ三昧でした。1日に映画を2本見たり 一日中ユーチューブを見続けたり やりたい放題の のんびり生活を楽しみました。満足!
不思議なことに1月1日から エンジンがかかり次から次へとやりたいこと、やらなければいけないことが浮かび 頭の中が忙しくなってきました。あまり沢山あるので何からしたらよいかが分からなくなります。
そんな時は 優先順位を書きだします。
1,一番近い期日までに いなくてはいけないこと
2,その次の期日・・・
  こんな感じに10番くらいまで 書き出します。
  こうするとやる順番が明確になり行動しやすくなりますよ。

そうそう この話でなくって 新たにやりたい事が見つかったお話をしようと思っていたんだ。
年末に沢山のユーチューブを見ていて もう一つ番組を作りたい!と思ったんです。
「介護日記 赤ちゃんになるの お母さん」これを私の語りで作りたいと思ったのです。
このお話は 1年前まで 私のラジオ番組「すみ子ワールドにようこそ」で20回にわたりお話ししました。又 認知症家族の会の新聞に3年にわたり連載していました。沢山の人のお役に経てていればこんな嬉しいことはありません。
いま介護中の人に少しでも心の安らぎになれたらとYouTubeを始めようと決めました。3回分は動画を撮ったのですが なんせ一人でやっていますので大変です。
机の上にビデオカメラを三脚で立て 自分が前に出たりさがったり、カメラが動いたらアップや引いた画像が撮れるのにね。
誰か ビデオ得意な人カメラマンお願いできませんか?又パソコンに強い人 編集手伝ってもらえませんか?一緒に動画つくりませんか?
下手な撮影ですが一度 見てくださいね。そして ポチっと登録お願いします。


2022年2月号 追憶 出会いの人生に感謝  NO92

 明けまして おめでとうございます。良いお正月でしたか。我が家もワイワイガヤガヤと相変わらず楽しいお正月でした。今年もみんなで楽しい1年を過ごしましょうね。
暮れに 孫のトムと娘のゆかと3人で 関ケ原古戦場跡に行ってきました。昔から一度行ってみたい所でした。岐阜県民には当たり前で珍しくもないかも知れませんが 日本中の人が歴史として知っています。その歴史に残る合戦がこの岐阜だったこと、その岐阜に生まれた私がその地を訪れないなんてもったいないと思っていました。トムにも見せたいし、でも自分の運転では・・・ゆかを誘いました。
人形で合戦を表しているうオークランドでは 子供に帰ったようにはしゃいでしまいました。戦いの中に入ってエイヤー!走り回って歴史そっちのけ!いかんいかん!と歴史博物館に。真剣な顔で見て回る。
難しいことはよくわかりませんが とにかく 甲冑の重そうなこと。兜だけでも大きく下を向けない状態だろうと思う。刀も楯も両手で持ち上げるのが精いっぱい。鉄砲なんて討ったら衝撃で骨が折れそう。背中に立てている旗も重い。こんなんでどれだけの戦いができたのかと不思議に思う。陳地は皆 山の上。歩くだけで疲れ果てるだろうに。
塩にぎりと藁に塗った味噌をなめどれだけの力が出たのかなー。考えるほどに不思議になってくる。又 私の妄想が始まった。何万の兵士は何のために兵士になったのかしら?夢のため?お金のため?親のため?家族のため?1人1人のドラマができてくる。この人はどんな別れがあったのかしら?誰と泣いて別れてきたの?ダメダメこれが始まると止まらなくなる。とにかく楽しかったと閉めよう。

次号につづく


2022年1月号 追憶 出会いの人生に感謝  NO91

 コロナが収まり 溜まっていたものが爆発したように お出かけしたくなりました。
手始めに 妹たちと叔母を誘って 十八楼 でお泊りを計画しました。
ちょうど GO TOトラベルが始まりお安くなったところに 一人2000円の買い物券がついていて とてもお値打ちになりました。美味しいお料とお風呂 ゆったりとした時間を楽しめ 本当に良かったこと。
久しぶりに会った おばさん4人。喋る 喋る・・・。静かな時間が1分とない。
1番に 病気の話し 薬の話。聴いても話しても仕方がないことを 楽しそうに喋る 喋る。その中で この状態を短歌にできないかと 指折り数えている私。
『久しぶり たえぬ会話は 病気と薬 最後はやっぱり 元気で遊ぼ』
お風呂に行けば メガネがないので
妹「このシャンプー ちっとも泡でないわー」叔母「それ リンスやて」
妹「字 見えへんかった」叔母「こっちがシャンプー こっちがリンス!分かった?」
そう言うあなたは 間違えて 知らない人に話していたよね。
まるで 珍道中。
お食事はホテルの前のお倉でした。
どれも これも美味しい 美味しい!私は熱燗 皆は生ビール。
本当はあまり飲めないけど ちょっと雰囲気で。
「あっ ラインで ゆかに写真送ってうらやましがらせてやろー!」
送った写真を見たゆかから「料理の向こうに映っているのは どこのおじさん?」
「おじさんやないわー おばさんたちやてー」又大笑いしました。
楽しい時間は あっという間に終わりました。でも 少し心がほぐれた気がします。
これから 少しずつ出かける計画を立てていきます。良い案があったらお誘いください。
仕事休みの日なら対外OKです。お出かけ虫がウズウズしだした私です。


次号に続く


2021年12月号 追憶 出会いの人生に感謝  NO90

 緊急事態宣言が解除され 10月から教室が始まった。あまりの長いお休みで皆さんが来て下さるか心配でした。
あらあら まあまあ どの教室も 沢山の出席で 嬉しいやら 懐かしいやらでテンション上がりっぱなしです。皆も 退屈してたー、会いたかったーと楽しそうにおしゃべりが止まりません。ホント 良かったー!
10月は 三つの展覧会がありました。
博物館マイ、ミュウジアム展 ここは平日は来館が少ないのですが、土日祝日は来館者がふえます。最後の日の無料体験教室は朝から次々と入ってこられ お昼休みもないまま3時過ぎまで教室が続きました。お手伝いしてくださった生徒さんに感謝です。私一人ではお手上げになるところでした。皆とても上手にキウリとトマトの水彩画を仕上げて満足そうに帰られる姿が印象的です。この姿を見るのが一番嬉しいひとときです。6日〜11日はメディアコスモスで轍展を行いました。20名の会員が腕をふるった作品を持ち寄ります。絵画、工芸、陶芸、つまようじアート つま楊枝でお城を作ってあります。段ボールアート 段ボールで童話の世界を作ります。竹細工アート 竹の特徴を生かし昆虫を巧みに作っていました。木工アート 大きな木を削り 面白い人なと ちなみに 私の作品は ドリームアート。
これは たまたま 白内障の手術中 麻酔がかかっている目に見えたもので、白とピンクとブルーの雲がふわふわ浮いているのが見えました。「きれいやなー、こんな絵が描きたいなー、そうや!一度描いてみよう!ほんなら よお 見てかなー」とそればかり見ていて 手術中ということも忘れていたくらいです。
帰ってから 挑戦するのですが うまくいきません。こうでもない、ああでもない、毎日が失敗ばかり。毎日描いた絵を 捨てること2ヵ月。アトリエを研究室と呼ぶようになりました。研究室から帰り 娘ゆかに「今日も3枚失敗しました。1万円捨てたー」と言うと「研究とはお金と時間がかかるものです。」と言われました。
それで出来た作品を出品しました。

次号に続く


Copyright(c) 2005-2008 sumikoworld all rights Reserved.

- Topics Board -